建設業許可・建築一式工事

建築一式工事というと、何でも出来るようなイメージを持っている方も多いようです。

建築一式工事の許可は、

「原則として元請業者の立場で総合的な企画・指導・調整の下に建築物を建設する工事であり、複数の下請け業者によって施工される大規模活複雑な工事」

で、

「建築確認が必要な新築および増改築」

を行う場合に必要です。

この許可を持っているだけでは、500万円以上の専門工事を行うことは出来ません。

例えば500万円以上の内装工事をするならば、内装仕上工事の許可が必要です。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です