風営



【風営許可】


風俗営業は風俗営業法法上、「風俗営業」と「性風俗営業」とに分けられます。

風俗営業は、法律上、都道府県公安委員会の許可を必要とします。
要件を満たさないと許可されず、開業できません。

これに対し、性風俗営業は、許可制ではなく届出制となっていますので、ただ届出するだけで開業できます。

風俗営業の許可申請を考えているオーナー様は、まず店舗をお探しに
なることが多いですが、風営の許可申請では、許可をとる店舗の場所
が問題になってきますので、店舗をお探しになるのは構いませんが、
その場所で申請が出来るのかどうか、店舗の賃貸契約などの前にまず
行政書士にご相談いただくのが良いと思います。


また、風営許可申請は、申請してから許可がおりるまで、約55日かかります。
飲食を提供する場合には、風営の許可申請の前に、保健所に飲食店営業許可を取らなければなりません。
飲食店営業許可が約1週間かかりますので、店舗を決めてから、実際に営業を始められるまでには時間がかかります。従って、保険所への飲食店営業許可申請の段階から行政書士にご相談いただくとスムーズです。(上記記載の、かかる日数は何も問題がない場合です)






風俗営業

平成28年6月23日改正法施行により、下記の通り変更になっておりますので、ご注意ください。
名称  具体例  定義
 1号営業 キャバレー、料亭、待合茶屋、
料理店等(和風)、バー、
クラブ等(洋風)
客に接待をして、客に遊興または飲食させる営業
 2号営業 低照度飲食店 客に飲食させる営業で、客席の照度はは10ルクス以下として営むもの
 3号営業 区画席飲食店 客に飲食させる営業で、他から見通すことが困難であり、かつ、その広さが5平方メートル以下の客席で営むもの
 4号営業 麻雀店、パチンコ店等  麻雀、パチンコその他の施設を設けて客に射幸心をそそる恐れのある遊戯をさせる営業
 5号営業 ゲームセンター等 スロットマシン、テレビゲーム機、その他の遊戯施設で本来の用途以外の用途として射幸心をそそるおそれのある遊戯に用いることができるできるものを備える店舗その他これに類する区画された施設において当該遊戯施設により客に遊戯をさせる営業



性風俗営業

性風俗営業は届出制が採用されており、これらは特殊営業と呼び、
一般の風俗営業と明確に区別されています。


1.店舗系性風俗特殊営業
 名称 具体例 
 1号営業 ソープランド 
 2号営業  ファッションヘルス
 3号営業  ストリップ、個室ビデオ
 4号営業  ラブホテル
 5号営業  店舗系アダルトショップ
 6号営業  出会い系喫茶

2.無店舗系性風俗特殊営業
 名称 具体例 
 1号営業 デリヘル 
 2号営業  アダルトビデオなどの通信販売業



風俗営業と深夜営業の両方は可能か?

例えば、接待を行うキャバクラは、深夜0時までの営業となっています。繁華街などで盛り上がった客が多い場所では、営業時間を延長したいですよね。風俗営業の許可を得て、さらに深夜酒類提供飲食店営業の届出をすれば0時を過ぎても営業できるようにも思えます。
しかし、実際のところそのような営業は認められていません。
法的には不可能ではないのですが、0時以降の風俗営業が認められない以上、0時を境に営業態様や客を全て変更させなければ、風俗営業を閉店したということにはならず、かなり難しいということです。
※27年の風営法改正により、深夜営業できる場合があります
↓↓↓




提出書類

風俗営業許可申請には、添付書類を含め以下のような非常に多くの書類が必要となります。警察署により所定外の書類を求められることもありますので注意が必要です。 

 書式 記載する内容 
営業 許可申請書 ①日付、住所、氏名
②新規or継続
③営業所の所在地、営業の種類
④申請者欠格事由
⑤食品衛生責任者
 営業設備の大要 ①面積
②該当箇所に〇を付ける
 営業設備の配置図 ①右上の円の中に、営業所周辺の地図を記載
②配置図は、調理場、トイレなどの衛生面に関わる設備は全て詳細に記載し名称
 を入れる。客席は位置と寸法、面積のみ。 
 許可申請書 ①建物の構造
②建物内の営業所の位置
③照明設備、音響設備、防音設備
④その他
 営業の方法 ①提供する飲食物の種類及び提供の方法
②提供する酒類の種類、提供の方法及び20歳未満の者への種
 類を提供を防止する方法
③客の接待をする場合はその方法
④その他
 営業所周辺の略図 ①略図
②所在地、名称、用途地域
③保護対象施設不在の文言
④半径100メートル内の保護対象施設
⑤用途地域の凡例、各施設の凡例 
 建物概要図 階層別施設と、申請する営業所のある階の見取り図
 平面図 平面図の縮尺は、店舗の広さに応じて提出図面として適切な縮尺で作成
調理場、出入り口などは別々の目立つ色で示す
テーブルと椅子についても、それぞれの名称・縦・横・高さ・個数を記載する
 求積図 営業所内各部分の免責の算出過程を記載。営業所全体のものと、客室・調理場・その他の部分について面積を求めたものを作成。 
 音響照明設備図 スピーカーと照明の所在、種類、数をそれぞれ記載。
一覧を作成し、記号、種類、照度、客室・調理場・その他、合計の別に数を記載
営業所の使用について権原を有することを疎明する書類 建物の登記事項証明書又は賃貸借契約書(使用承諾書も必要)
 誓約書 個人事業主の場合は、営業者が風俗営業法第4条1項〜8号に掲げる人的欠格事由に該当しないことを先生する書類。 

この他に、
申請者の本籍地記載住民票、身分証明書、登記されていないことの証明書
管理者の本籍地記載住民票、身分証明書、登記されていないことの証明書
保健所の飲食店営業許可証の写し(飲食させる営業の場合)
管理者証用の写真2枚(たて3cmよこ2.4cm)

申請者が法人の場合には、さらに加えて
・役員全員分(監査役を含む)の本籍地記載住民票、身分証明書、登記されていないことの証明書、誓約書
法人の登記全部事項証明書 定款の写し(原本確認が必要)
申請者や法人の役員が外国人の場合は、住民票に代えて「登録原票記載事項証明書」が必要になります。
・パチンコ店の許可申請には、さらに遊技機関連書類や景品関係書類が必要です。

※自治体によっては、会社の定款のコピーやメニュー表などの提出を要求される場合もありますので、所管の
 警察署に確認することが必要です。

申請書を提出してから許可証が発行されるまでは、何事もなくスムーズにいったとして55日程度です。




報酬一覧

風俗営業の場合
 営業の種類  報酬額(税別)
 1号営業 230,000円〜
 2号営業 200,000円〜
上記以外  お見積もりによる
 実地調査立ち会い 20,000円〜



お気軽にお問い合わせください。

 042-843-1805
090-7735-4962

お問い合わせ




このエントリーをはてなブックマークに追加