飲食店営業許可



【飲食店営業許可】

食品衛生法に基づいて、保険所に営業許可申請の手続きをする必要があります。

法律上は「飲食店」と「喫茶店」の2つに区別されます。
当然ですが、飲食店も喫茶店も衛生的でなければならず、食品や調理器具等、一定の基準をクリアして飲食店営業許可をとる必要があります。

0時以降も営業をする場合で、アルコール飲料をメインとする営業の場合には、飲食店営業許可の他に、所轄の警察署に
「深夜酒類提供飲食店営業届出申請」が必要です。




申請の資格

営業者は施設ごとに、食品衛生責任者を置く必要があります。
食品衛生責任者に就任できるのは
①調理師、栄養士、製菓衛生師などの有資格者
②都道府県知事の指定する食品衛生責任者養成講習を終了した者
が挙げられます。



営業施設の構造についての基準

建物の構造は、細かく基準が定められています。(東京都)
①場所は清潔な場所に位置していること
②建物は、鉄筋、鉄筋コンクリート、石材、木造モルタル、木造作りなど
 耐久性が十分な構造であること
③区画については、それぞれの使用目的に応じて、施設を壁、いたなど適
 当なもので区画する
④面積は取扱量に応じた広さを確保
⑤施設の床は、タイル、コンクリートなど耐久性があり、排水がよく掃除
 しやすい構造であること
⑥施設の内壁は床から少なくとも1メートルまでは、耐久性材料又は厚板
 で腰張りし清掃しやすい構造であること
⑦施設の天井は掃除しやすい構造であること
⑧施設の明るさは50ルクス以上であること
⑨換気に関して、施設に排煙、上記などの排除施設を設ける
⑩施設の周囲の地面は、耐水性素材を使って舗装し、排水がよく、清掃し
 やすい状態にする
⑪防除設備として、ねずみや虫などの防除設備を設ける
⑫洗浄設備として、原材料、食品、器具、容器類を洗浄するのに便利かつ
 十分な大きさの流水式の洗浄設備と従業者専用の流水受槽式手洗い設備と手指の消毒装置を設ける
⑬更衣室は作業場の外に清潔な更衣室又は更衣箱を設ける



食品取扱設備についての基準

必要な器具は、以下の基準を満たす必要があります
①器具などの整備は、取扱量に応じた数の機械器具と容器包装を備える
②器具などの配置については、作業に便利で清掃と洗浄がしやすい位置に
 配置する
③保管設備として、原材料、食品、添加物、容器包装を衛生的に保管でき
 る設備を設ける
④食品に直接接触する機械器具などは、耐水性で洗浄しやすく、熱湯、蒸
 気、殺菌剤などで消毒できるものとする
⑤必要に応じて、防虫、防じん、保冷装置のある清潔な食品運搬具を備え
 る
⑥冷蔵、殺菌、加熱、圧搾などの設備には、見やすい個所に温度計と圧力
 計を備える。必要に応じて計量器も備える。


給水および汚物処理

給水設備や汚物処理には、衛生管理を徹底し、以下のような設備を設ける
①給水設備は、水道水または公的に飲用に適していると認められた水を豊
 富に供給することができるものでなければならない。ただし島しょなど
 で飲用に適した水が土地その他の事情により得られない場合には、ろ過
 や殺菌などの設備を設ける
②トイレは、作業場に影響のない位置・構造にして、従業員の数に応じた
 数を設ける。そして、使用に便利なものとして、ねずみや虫の侵入を防
 止する設備を設ける
③廃棄物容器は、耐水性があり、十分な容量のある清掃しやすいものとす
 る。また、フタ付きで汚臭、汚液の漏れないようにする
④清掃器具の格納施設として、作業場専用の清掃器具として格納設備を設
 ける




手続きの流れ




報酬額
     
     
     
     



お気軽にお問い合わせください。

 042-843-1805
090-7735-4962

お問い合わせ


このエントリーをはてなブックマークに追加