古物商



【古物営業】

古物営業の許可は、リサイクルショップなど中古品を扱う営業許可です。

古物の売買を事業で行う場合や、インターネット販売やネットオークションで継続的に中古品を扱いたい場合には、古物営業法に基づく許可を取る必要があります。

古物には、一度使用されたものだけでなく、売り買いしたものの一度も使用していないものも含みます。

古物商とは、自らまたは他人の依頼を受けて、売買または交換する営業のことです。
具体的には、中古車販売、古着屋などのリサイクルショップで、インターネットを利用して取引する場合も含みます。

古物市場主とは、古物商間の古物の売買または交換のための市場を経営する営業です。

古物競りあっせん業者とは、インターネットオークションが行われるシステムを提供し、システムの利用対価として出品者・入札者から手数料などを徴収している業者です。



必要な資格

古物営業法上、資格は特に要求されません。
ただし、成年被後見人、住居の定まらない者、古物営業を行う上でふさわしくない者は、許可を受けることはできません。

古物商と古物市場主は、営業所または古物市場ごとに管理者を1名専任しなければなりません。
未成年や一定の欠格事由に当たる者は、管理者になることはできません。




ネットショップによるリサイクルショップの許可申請

実店舗が存在する営業所(営業所のない者は住所または居所)を管轄する都道府県の公安委員会に対して、ネットショップのURLを登録すれば良いです。



ネットショップの場合の注意点

古物商を行う場合には、いつ取引したか、どんなものか、売却相手の住所・氏名・年齢など、取引記録の登録義務が発生します。
ネットショップの場合には、メール等全てのやりとりを記録しておくことをオススメします。




報酬
       
       
       
       


お気軽にお問い合わせください。

 042-843-1805
090-7735-4962

お問い合わせ

このエントリーをはてなブックマークに追加