遺 言


ヘッダーイメージ


【遺言(ゆいごん・いごん)】


遺言の特徴
遺言の大きな目的として、財産の処分について被相続人(亡くなった
方)が自分の意思を反映させることにあります。
遺言がない場合は、民法の規定に従い法定相続分を基準として相続人が話合うことになります。
遺言で誰に何を残すかを書いておくことで、自宅や預貯金、株などの名義変更もすぐに行うことができます。
遺言には、相続における様々な手続きに関する遺族の負担を軽くするという大きなメリットもあります。


遺言を作成してほしいケース
1. お子さんのいない夫婦
2. 行く末を案じる人がいる
3. 事業を特定の人に継がせたい
4. 世話になった人に財産をあげたい、息子の妻に財産を贈りたい
5. 財産をあげたくない相続人がいる
6. 複雑な家族関係(内縁の妻・夫)
7. 相続人が全くいない


遺言の効力
① 法定相続人以外に遺贈できます。
② 法定相続割合を変更できます。
③ 特定物を譲り受ける人を指定できます。・・・家は長男に!など


遺言の撤回・変更
遺言書は何通あっても直近の新しい日付の遺言が優先されます。


遺言の種類
 内容
 ①自筆証書遺言  遺言内容をすべて自筆で書面にして自署・押印します。
 ②公正証書遺言  公証人が法律で定められた方式で作成します。
公証人が本人の考えを聞いて書面化(公正証書)してくれます。
 ③秘密証書遺言  内容の秘密を守りながら作成でき、公証人と証人2人の立会により遺言したことを明確にできます。
 
 
メリット・デメリット
   メリット デメリット 
  ①自筆証書遺言 ・いつでもどこでも作成できる
・誰にも知られずに作成できる
・費用がほとんどかからない。
・全部自分で書かなければならない
・形式の不備や不明確な内容になり
がち
 で、後日トラブルになる可能性が
 ある
・偽造されやすく、相続人のなかで
 不都合な人に見つかると、隠される
 心配がある   
・紛失のリスクがある
・家庭裁判所による検認が必要
  ②公正証書遺言 ・内容が明確で証拠力が高く安全
 確実で無効になる恐れがほとん
 どない。   
・病気や怪我等で字が書けなくて
 も、公証人は自宅や病院、施設
 に来てくれるので、作成できる
・偽造・紛失の心配がない。
・公証人が自宅や病院に来て作成
 できる。
・証人(立会人)が必要  
・費用がかかる
  ③秘密証書遺言 ・内容を知られることなく、遺言
 書の存在を明らかにしておける
・紛失のリスクがある
・家庭裁判所による検認が必要

※検認・・・遺言書がありますという存在確認の手続きで、家庭裁判所に申し立てを行い、検認の期日には、
      原則として相続人全員の家庭裁判所への出頭が必要です。 (遺言書の内容をチェックしてくれる
      わけではありません)



報酬一覧
  ( 税抜き)
 自筆証書遺言  40,000円
 公正証書遺言  100,000円
 秘密証書遺言  50,000円
 証人 8,000円 


お気軽にお問い合わせください。

 042-843-1805
090-7735-4962

お問い合わせ




このエントリーをはてなブックマークに追加